自閉症児の母で支援者になった私。

大変でしたよ!自閉症と診断されてからずっと。
楽しいこともいっぱい、つらいこともいっぱい。
学んだこともいっぱい、感動もいっぱい。

渡米して療育受けて、息子のことばーっかり考えて、来る日も来る日も・・・

でも考えが変わるのです。成長でしょうか?

できないことがあったっていい!って思うのです。
受け止められるのです。
もちろん小さいころは無理です。

でも徐々に・・・・

長い間かかったっていいじゃん!って思うのです。
それでもできなくたっていいじゃん!って思うのです。
笑顔がいっぱいの方がいいじゃん!って思ってしまうのです。

とても純粋な心から学ばされました。

息子の幸せを毎日毎日願っています。
息子のことを考えない時間はないくらい。

息子のおかげでいまがあって、素敵な人生を歩ませてもらっています。

数年前から支援者ともなりました。
ABAセラピストとなる時考えました。仕事も家庭でも自閉症のこと。
しかし始めてみると違った!
なんと、この仕事が大好き。
子どもたちがなんとかわいいことか!
泣いてる時も、叫んでる時もかわいいのです!
泣いてる時、一言だけ声をかけます。
「待ってるよ」待ちます。
泣き止むまで待ちます。
心の中で思います。よくがんばったね、えらいえらい。

息子が小さいころあたふたしていた自分なのに、いまはみんながかわいくてしょうがない。

よだれが服に着こうがかわいいのです。

変わったなぁ~自分!と思う今日この頃です。

コメント

ママ

それは大人になってもそうだよね? 子供の時だけじゃなくて

No title

そうだねぇ~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する