3月11日、そして2年

3月11日、言葉に出して何かを言っても言葉は言葉でしかなく、真の心の気持ちとは100%合致しない。
だからこのブログでどう伝えてよいのかわからず、言葉を選んでもそうでないと消してしまう。。。

あの日何が自分にできることかを思った。。。
すぐに行きたかったボランティアだってまだ行けてない。
行く機会だって何度かあって一緒に行こうと誘ってくれた友人もいたのに。。。

あれから2年の月日。忘れたわけではないけれど、あの日のことを思い出す。
友人から電話であの日何をしていた?という話をする。
きっと毎年毎年同じだけれど、この日はその話を永遠にするのだろうと思う。

でも今日は普段と何一つ変わらず、仕事をし、しっかりとご飯を食べ、笑ったり泣いたり起こったり喜んだり、そんな今日を感謝しなければらなない。

毎日の生活を一生懸命に生きること。
あの日あったことを絶対に忘れないこと。
そして今も被災地にいる方々が何を必要としているのかを知ること。

この日、一日だけではなく、他に自分にできることをもっと考えたいと思います。

平和な日本、未来ある日本、幸せな日本、これがすべての日本人に平等でありますように。。。。祈ります。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する