メッセージ 3.

長女が生まれて、次女を青森県の三沢米軍基地内で出産しました。二人目を身ごもった時、うれしい気持ちの反面、私は非常にひどいつわりを一度目の時に経験していたのでとても不安でした。やはり3か月くらい寝込みました。でもつわりがおわるととても楽になり、青森県のおいしい食べ物を堪能し、体重もぐんぐん増え、元気でかわいい女の子を産むことができました。長女をアメリカで出産し、右も左もわからない新米ママでしたので次女の時はわりと楽だったような気がします。

次女の成長はとても順調かつ、言葉がかなり早いうちから出ていました。
当時はとても内気で私の後ろに隠れるようにして引っ付いている子でした。
だから写真を撮るのも一苦労、私とはべったりで、ちょっと私が起こった顔をしたりするとすぐに、下唇を出して「ママ、ごめんなさい」と言う子でした。

長女は妹ができてそれはそれはよろこびました。
しかしそれもつかの間、ちょっと大きくなると妹の方が口がたっしゃ。。。喧嘩ばかりする「本当に姉妹?」と言われるくらいまったく正反対の性格の次女でした。

彼女は健康そのもの、病気もほとんどせず、病院に連れて行った記憶がほとんどありません。

小さいころ内気であった彼女の姿はいまはなく、よくしゃべり、しゃべりっぱなしで、とてもひょうきんでみんなを笑わせてくれる明るい子に育ちました。生意気な口をきいたりもするのですが、内面は非常に繊細でとてもとてもやさしい心の持ち主です。

この次女がいたからこそ私は離婚の時の落ち込みが半減で心を支えてくれたのも次女でした。

現在結婚をしています。彼女にも大いなる幸せがずっとずっと訪れますようにと願っております。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する