最後の個人面談

今日は朝、いつものように球戯場でジョギングをしてきました。距離は10キロ、もちろん連続では走れません。

4月に申し込んだマラソン大会までにはなんとか走りぬいてゴールしたい!そんな気持ちではあります。

朝のジョギングはとっても気持ちがよく、風も少しだけ春を感じられます。

その後は家に戻り支度をして仕事へ。

今の仕事、自分自身学ぶことがいっぱい。ありがたいです。

昨日の経験、今日の経験、そして明日の経験が必ず役に立って将来に繋がったらと最近はよくそう思うことがあります。そういう生き方をしていきたいと思っています。

そして仕事の後、今日はえっくんの学校へ。中学1年最後の個人面談でした。
もう先生への感謝の気持ちを述べてきました。
どうやらえっくん、ようやく落ち着きを見せることも多くなり、「自転車」という言葉も出ているそうです。
その話を聞いて、涙が出そうになりました。

えっくんの学校の相談員の先生も本当に親身になって、私の悩みを聞いてくれて、すべてが感謝の気持ちでいっぱいです。

あとわずかで、えっくんは中学2年生になります。
早いなあ。

これから一歩一歩大人への階段を上がって行くのですね。

私もえっくんと一緒にいろいろ学んでいけたらいいなぁって思います。

彼からはたくさん教わる事が多い。
決して楽ではなくても、彼の笑顔をみたいために試行錯誤している自分がいます。

そして、春はもうすぐそこに~

暖かくなったらまたえっくんとおでかけしたいと思っています。
そして、90歳、85歳になった父母を景色の良い場所に連れて行こうと思います。

私は桜の花が大好きです。
日本桜を守る会に入ろうかと思ったこともありました。

今年は何日間桜を見ることができるのでしょうか?
そしてあと何年桜の花を見ることができるのでしょうか?

毎日を大切に大切に生きることをしていきたいと思います。














テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する