あれから4年以上の月日

以前書いていたブログHOME SWEET HOME
約4年半前の記事。
消去されていたであろう記事が出てきた。

こんなんだったんだよなあ・・・私たち

----------------------

2007年1月

えっくんが自閉症ですと宣告されたとき、私もえっくんパパも
2人協力してえっくんを治すって絶対奇跡を起すって
思ったよね。

2人が出会ってからあんな不幸でつらい日はなかったよね。

私は夜中、何度も泣きながらおきて、十字架にひざまずき、手をあわせてなんども奇跡をおこしてとお祈りしたよ。
でも聖書も読まない、教会にもいかないクリスチャンは
やっぱりお祈りは届かなかったのかな???

それでもさ、いま振り返るとえっくんが生まれたときから何一つかわりない愛情で育ててきたよね。

そして20年の軍人生活を終えて、大学を卒業しやっと就職が決まってそろそろ新しく車を買い換えよう。モデルハウスを見に行こう!
いつか子供が大きくなったら世界中を旅行しようって約束したよね。

なのに・・・なんで・・・・
腫瘍なんて、癌なんて・・・うそでしょ?
どうして???

2週間前の喉の腫れを訴えて、今日超音波で検査をした結果が・・・

来週にも悪性であるか?転移していないかの検査が始まる。
多分その後はすぐに手術だろう・・・・

落ち込んでない振りをしても、どうしても目が遠くを見てしまう。
そんなとき、えっくんパパは「着替えておいで、
一緒にジムに行こう」とやさしい・・・

泣くのを我慢して我慢して、
でも、あっちゃんが「ママ何か手伝おうか?」の一言で
崩れるように泣いてしまった。

そして、えっくんパパが「まだ悪性っていうわけじゃないし、もしそうだとしても、戦うから、負けないから・・・・6月には日本に帰らせるから・・・」と言った。

この今日という数時間でいろんなことを考えた。
最悪なこともいっぱい考えた。

そして答えは、毎日できるだけ楽しく過ごすしかない。
いっぱいいい思い出を生きている限り作るしかない。・・・

------------------------------

この直後、私たち元夫婦は離婚へと方向は急変する。

人生は何があるかわからない。
だから一日一日を大切にしたい。


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

ママ

えっくんは夏休みは何をやっていますか?あかねは、夏休みは、8月の10日から20日までです。もしよかったら一緒に出かけましょう。17日は、友達と埼玉に電車乗りに行ってきます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する