ようこそ!カリフォルニアからの便りへ

            ~ようこそカリフォルニアからの便りへ~

カリフォルニア州ローズビル在住のえっくんママと申します。

私には9月で11歳になる重度精神遅滞を伴う典型的な自閉症と診断された、世界で一番愛する息子えっくんと、娘サンディ、アリーナの4人暮らしております。

以前はHOME SWEET HOMEというブログでえっくんのこと、家族のことを綴っておりましたが、こちらのブログに心機一転!、うつることにしました。
といってもHOME SWEET HOMEは残して、ときどき更新もしていこうと思っております。

現在、私の活動は主に、10月出版予定のえっくんと経験したアメリカ療育を語る本の原稿の締切で追われております。

今年の初めには長年の夢であった絵カードのお店をネットで開店!

絵カードは手作りで心をこめてスタッフ一同がんばって作っております。
現在製作スタッフがみんなアメリカにいるので、発送に少してこずっておりますが、日本にも協力者が増えたことで、これからも変わりなく、オープンしていこうと思っております。

また、昨年と今年には、名古屋の方で、交流会、勉強会をさせていただき、自分自身が一番勉強させていただく機会をいただきました。
名古屋の方々はとても熱心に勉強され、みんな頑張っている姿を拝見させていただき、私の活力になったことは間違いありません。

また、田園調布ではえっくんママを囲んでの交流会を開いて下さり、たくさんのママたちが駆けつけて、一人一人の悩みを打ち明け、こんなに苦しんでいる人たちがたくさんいることを痛感いたしました。そして、第一に思ったのはサポートグループの全国展開でした。

少しでも親が楽になれたら、悩みをいつも打ち明けられる場所があったら、時には子供から離れて、お茶でももんでストレス発散できる機会があったら・・・・・

交流会ではそのように思いました。

日本の障がい児に対する療育はアメリカに比べるとかなりの遅れがあります。
でも、それを伝えるだけで終わらせたくない・・・
不景気だって、変えなければならないところは、変えるべき。
そう思うのです。

私は来年6月にえっくんを連れて日本に帰ります。(永住帰国)
その時、こちらで見て、体験して学んだアメリカ療育を伝えるだけではなく、実践できる方向に向けて活動していこうと思っております。

皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

えっくんママ










コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する