2005年7月のブログから

2005年7月にこのような内容のブログを書いた。
この気持ちが今につながってる気がする。
幼稚園をあきらめたけれど
でも居場所があってやさしくて温かかった。
私はいつかそんな場所を作り上げたいと思った。

えっくんがまだ障害を持つと知る前、近所にかわいい幼稚園のバスが止まっていた。そうだえっくんもここの幼稚園に入れよう。きっと制服も似合って、かわいいだろう。お迎えに出ているお母さん達は固まって
世間話をしている。あの輪の中にそのうち入れるだろうか?
なんて不安ながらワクワクしていた。しかし・・・・・・・・・・・・
とんでもない出来事がその直後におきようとは・・・・・
診断が下ったその日、私は彼の将来で何をあきらめて生きなければいけないのかを考えた。もちろんその幼稚園もそうだし、学校、
お友達、就職、結婚、恋愛、車の運転、ありとあらゆることが
浮かんだ。切なくなった。
そしてそれをどうにか手に入れるための療育が始まった。
福祉会館へ通う。
かわいいあの幼稚園のバスを横目で見ながら
福祉会館へ通うのは辛かった。そうとうきつかった。
でもそこには、やさしさがあふれた場所があった。
そこに行くとほっとした。息子はその場になれなくて毎回パニックをおこし、私は何度も彼を追いかけて、小脇にかかえながらも
何十回もイスに座らせるように押さえつけた
それだけで半年かかった。
こんな大変なのに、みんながやさしい。私を褒めてくれる
私はこんな環境の中で、つらくてもがんばれると前向きになっていった。


今のすまいるスペースがそうだとしたら、こんなうれしいことはない。
コメント

No title

お久しぶりです。遅くなりましたが、
えっくんお誕生日おめでとうv-274

すまいるスペースはたくさんの親子を助けてくれる、心の拠り所でですね。
えっくんママさんに声を掛けてもらったり悩みを聞いてもらって皆さん感謝していますv-345
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する