ここのところ母や父のことばっかり書いている。
今日も夕方、母に電話を入れたらあまり体調が良くないと言われて、実家へ向かう。

自分の親がお迎えに来ているとか
景子には感謝しているとか
延命治療なんてしないでねだとか
寿命だし、長生きしたから笑って送ってねとか・・・・。

今日は父と母のお墓を見に行っていた。
伊勢原にある父と母の墓を、川崎にお墓を移転することにした。
そんな日にと思った。

近いうち母を引き取る。
そう決めた。

今日は久々に川崎に戻る車の中で大泣きしてしまった。


コメント

お互い

お久しぶりです。
お母様、お父様、大変ですね。わたしも、えっくんママさんと同世代で、両親の介護問題に、多分、間もなく直面するはずです。私の両親は、熊本に居て、地震のせいで父は脳梗塞を患い、幸いに回復したものの、すっかり弱りきってます。母も、ストレスからか、糖尿病になり、通院、最近は、記憶、気力ともになくなって来た様に感じてます。私達は、自閉症の息子の教育もあり、また、夫の仕事もありで、熊本に住むのは、難しいと思ってます。いざとなったら、どうするか。ひたすら、今少し、大事にならないで、と祈る日々です。
えっくんママさん、たった一人で抱えこまずに、周りに助けを求めてくださいね。えっくんの為にも、お互い元気に長生きしなければ。ストレスや、悲しみを分かち合う仲間と話してくださいね。
私も同じ境遇の一人として、祈ってます。

No title

コメントありがとうございます。自分の年齢になると子育てがそこそこ終わり、次は親のことが中心となるのかなと思います。自分に与えられたやらねばならないことなんだなあって思います。大変なのはこちらが良かれと思って父や母のために一生懸命になっても時代の違いから納得してもらえない、頑固として「大丈夫」と言われてしまったりすると、どうしていいのだろうととても悩みます。ありがたいことに周りの人の助けいっぱい借りてます。がんばりますね。ありがとうございます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する