人生

父の本棚を整理整頓した10月。
まだ200冊くらいは残っているだろうかな?

すでに処分した本は500冊くらいはあったろう!

一冊手にとってはペラペラとめくって袋に詰めていた。
すると薄汚い単行本の間から一枚の紙が出てきた。

20161010.jpg

一年一年がまるで坂道を転げ落ちていくように早い。
あっという間に五年や十年とすぎてしまう。

そう書かれてあった。

さまざまなことがあった95年間生きてる父の人生観であろう。

まさに今私が感じていることと同じである。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する