今日は支援者ではなく母として

今日はえっくんの進路相談で学校、幸区役所、進路の先生、担任の先生、施設、そして私のメンバーで集まり息子の今後のことを話し合いました。

学校での様子を説明され、私が見えない部分の息子を知ることができました。

先生たちからは本当に可愛がられてるなって気持ちが伝わってきました。

私のことも気にかけてくれて、涙がでました。

えっくんはいろいろなこだわりが強くなってきてます。

それでもニコニコと笑顔で過ごしてくれたらと願っている私です。

きょうは母として、つくづく思いました。

うちの子はこうしてたくさんの本当にたくさんの人から支援をされて生きている。

私の役目はあ~してください、こ~してくださいと言うのではなく、母として息子への思いを伝え、感謝して頭を下げる。
一緒になって息子を愛し支援してくれる人たち。
本当にありがたいのです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する