夢と現実

夢はないよりあったほうがいい。うん、絶対にいい!
夢が叶ってしまっても次の夢があったほうがいい。
自分の身の丈にあった夢は行動すれば現実にすることができる。
叶った時、家族がより幸せでないといけない。
自分の心も充実してないといけない。

若いうちには若い時しかできない経験がある。
でも私のように50歳になってからできることもある。
この年齢だからこそできることがある。
しかしそれは今日突然始めるのではなく、何年かにわたっての経験を生かすのが良い。
苦い経験もそうでない経験もすべて肥しとなる。
苦い経験の時はそれがいつか役に立つこととは思えないのだけれど・・・。

言葉に出して目標を描いていく。
創造してみる。
場面が浮かんでくる。
うっすらとではなくはっきりと描けるか、そうでないか。

そして
大切なのは現実となったことをどれだけ持続させられるかなんだ。

と、私は思う。



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する