私のおばあちゃん

私のおばあちゃんは私をとっても可愛がってくれました。
長野県の諏訪市に住んでいました。
諏訪湖の近く、川が真ん前にあるおばあちゃんの家。母の実家になります。
母は弟一人と姉1人、4人の妹の7人姉妹兄弟です。
だからおばあちゃんにとって孫はざっと数えても15人はいるでしょう。
でもその中できっと私を一番かわいがってくれたのではないかと思います。

小さいときは夏休みになると毎年長野に行ってました。
親戚がいっぱい集まって楽しかった。
カエルとったり、諏訪湖で釣りしたり・・・。
時には清里に連れていってもらったりと・・・。

小学6年のころかな???
大好きだったおばあちゃんが交通事故に会いました。
腰を複雑骨折、母と私はすぐに長野へ・・・・。
おばあちゃんの顔は青く腫れ、手は縛られて動けないようになっていました。
医者はもう歩けないので車いす生活です!と言われていたのです。
私は悲しくて、でも小さいながらおばあちゃんの前で泣いてはいけないと我慢したことを思い出します。

私はある日、夢をみました。
おばあちゃんが歩いている夢でした。

母に電話をするように告げると、おばあちゃんは杖をついて歩けるようになっていたそうです。

一生懸命痛みと戦いながらリハビリを続けたそうです。

その後中学になり私はたしか一人で中央線にのり長野へ行った記憶があります。
夏休み中を長野で過ごしたのがおばあちゃんとの最後の思い出です。

私はよくおばあちゃんに絵を書いて送りました。
おばあちゃんは字が読めないから絵を書きました。

大好きだったおばあちゃん、
無断で外国へ行き、親の許可もなく結婚し、おばあちゃんは悲しかったことでしょう。

そんな中、おばあちゃんは他界しました。

その後もそして今も私はおばあちゃんから見守られているといつも思っています。

おばあちゃん、大好きなおばあちゃん、いつか天国で会える。
それまでちとやることがあるのでその目標を一生懸命果たしたいと思います。

おばあちゃん

おばあちゃん2

コメント

No title

素敵なおばあちゃんとえっくんママさんのツーショットv-344
ふふっ可愛い赤ちゃんですね。

No title

いつもありがとうございます。このおばあちゃんにうんんんんと可愛がられました。今でも大好きなおばあちゃんです。会いたいのです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する