読書

先日テレビを見ていたら、いまベストセラーになる本は「名言集」だそうだ。なるほど。
精神とか心理とか、書物によって心を鍛えたり、心を癒したりすることが必要な時代なんだなぁ~って思う。これって子どもの時の遊びも人との関わり方も変わって、バーチャルな世界が広がると精神力が弱まってるのかな?

なんとなくそう思う自分

そして

自分の本箱にはその類の本がいっぱいある。

スピリチュアル系、名言集、英語の学習、発達障害(自閉症)、そして療育の本。

いま読んでいる本は1、2、3冊と出版された、3冊目はラストメッセージと告げられ、著者は他界された。

【いい言葉はいい人生をつくる】 ラストメッセージ 著者 斉藤茂太

私はこの本を何回も読み直しては心が癒された。

斉藤茂太さんの愛読者でもあって、彼が出版された本はほとんど読んでいる。

いま読んでるのはこの3冊目。

彼はいつもいろいろな名言を取り上げて紹介している。

その中の一つ。

「すべての日々のなかで一番もったいないのは、笑わなかった日である」

by シャンポール

本当にそうだ。

この言葉でまた人生が楽しく過ごせるような気がする。












テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体