【必見】親亡き後を考えよう!

地域住民による地域住民のための権利擁護事業シンポジウム

私たち親は一日でも我が子のために長生きをしなければなりません、しかし順番では先に死にます。
そのとき、残された子どもたちが幸せであるようにと願わない親はいないでしょう。
そのためにもまだ私たち親が元気なうちにやっておかなければならないことが山ほどあるような気がします。


110305kenriyougokawasaki.jpg

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア