PECSについて

PECSについて、まだまだ情報がちゃんと伝わっていないのでしょうか?

PECSはアイコン、絵カードなどを使ってコミュニケーションを図るツールです。
要求を伝えたり、感情を伝えたりするツールです。

スケジュール管理をPECSを使ってというのは間違っています。
それは絵カードを使ってスケジュール管理を行ってるということです。

PECSとはアンディボンディ博士が絵のシンボルを使って、
ABAやAVBに基づいて、言葉の遅れのある子またはない子のためのコミュニケーションツールとして開発されたものです。
やり方はフェイズ1~フェイズ6まであり、
このやり方で子供に指導をしていきます。

まずお勧めは、セミナーに出ること。
PECSを習得されているお子様を持つ親御さんに聞いてみる
地域で行われる勉強会に参加する。
それと家族、学校など子供にかかわる人がこの技法を学ぶこと

えっくんのコミュニケーションはほとんどがこのPECSを使っています。
スケジュールのアイコンも家にありますが、これはPECSではありません。

ちょっとそれだけいいたかったんです!

えばってるみたいでごめんね。

PECSアドバンスセミナー参加

今日私は朝からサクラメントで行われている2日間のPECSアドバンスのセミナーに
参加していました。

60人くらいが参加した中で・・・
最初にプレゼンテーターのアンさんが
学校の先生手を上げてくださーいと聞くと
半分くらい・・・
おおお、これはすごいと感動。
学校の先生がここまで積極的なのに感謝。

そして、次に言語療法士の方・・・・
と聞くと
これまた結構いる。

では次にABAセラピストさん
これも数人いる。

そして、親・・・・と言われたので手をあげてみると
おおおおお、私だけだった。

ちょっと残念な気持ち。

そしてラッキーなことに2人の言語療法士さんと1人の学校の先生と
ランチをすることに。
この3人が口をあわせて、
親ももっと協力してくれたら、学校での伸びが速いのに…という

私のまわりには親が一生懸命で学校があまり協力しないというのが
大半であるのに
中にはいるんだなあって思った。

一生懸命の先生はやっぱりこういう講習会にも参加して
学ぶんだねえ。

明日も、参加して、また学んできます!!!