ことば

一昨日、えっくんがある言葉を言った。
ここでは書けないけれど
涙がでるほどうれしい瞬間だった。

彼の中で「僕、そう思ってるんだよ!」って言葉だった。
優しさと、愛がこもってる響きだった。

私はえっくんにいろいろなことを話す。
一週間の出来事、私の考え、家族のこと、すまいるスペースのこと、そして私のえっくんへの思い。

たくさんのことを話す。
笑顔が最高のえっくん。

雨でいつもより時間が短いドライブ~だったけれど、とっても楽しいときを過ごせた親子でした。

翌日は両親の家に行き、キッチンの掃除と買い物をした後、友人と一緒に愛についてを語ったえっくんママでした。

さてこれから出勤です。
行ってきまーす。
今日も楽しいことてんこ盛り!

これからえっくん♡

バレンタインだからチョコを持っていこっと!!!!

えっくんの住むところは2週間前から梅が咲き始めている。
今日はもっときれいに咲いているのだろう。

春はもうすぐそこ。そう思える瞬間なの。

何気ない週末だけれど、これからの一週間の英気を養うために楽しもう!!!

今日もよいお天気!

なんだかいろいろなことが今以上にうまくいく予感がします。

えっちゃん!

週末はファミリータイム。

えっくんに会いに行った。

雨だったので車の中でランチをして、おやつを食べる。

ニコニコ笑顔のえっくん。

一週間の報告やいろいろな話をえっくんいする。

そして、えっくんに「お名前は?」と言ったら

「えっちゃん!」とはっきりと言った。

初めて聞いた!「えっちゃん!」

何度聞いても「えっちゃん!」と言う。

16年かかった。

しかも、「じゃんけんぽい!」も言えた。

言葉が出始めるのかな?

そんな予感がする。

うれしい。涙が流れた。

あなたの声をきくのはどれだけうれしいか。宝物の時間。

それよりその声を使ってあなたの気持ちが伝えられあなたのもどかしい気持ちが少しでも和らいだら。

それが一番いい。

先週、学校のガラスを割ったと報告を受ける。

指が腫れあがり、病院に行ってレントゲンをとったらしい。
よかった。骨折ではなかった。

腫れもある程度ひいて、指も曲げられていた。

問題行動が体当たりなだけにいつも怪我がないようにと祈ることしかできない。

言葉が増えて、体当たりがなくなればこんなうれしいことはない。

いつかきっと。

いつかきっと。

2015e0321.jpg


でもね、えっくん、いまのままでも誰よりも大好きよ。

母心

慶応大学出身、某ABA関連AD○Sの代表 く○さん。
初めてお会いした時、なんてきれいな人と思ったので、思わず、息子のえっくんと結婚してください!と頼み込んだ。

しかし、えっくん、ガールフレンドがいるようで・・・・。

なんだかデレデレしてて・・・・。

なんだか母としてはうれしいんだか、母が一番だったんじゃないの?というような複雑な気持ちで!!!

でもそういうお年で!

長続きすることを祈ってるよ!えっくん!

えっくんママとして・・・。

えっくんママとして自分の経験を少し。

小さい時、ABAセラピーが一番大切と思っていた。
そればかり考えていたことがあった。
セラピーどころかいろいろと試してみた。
いや、いろいろどころかすべて試したって感じ。
アメリカにいたからできたことだけれど。

ずいぶんストレスあったろうな~えっくん。
もちろん意味があることもいっぱい、ないこともいっぱいだった気がする。
その判断力がなく夢中だった自分。

セラピーされるために生まれてきたわけじゃないのに・・・。
今なら言える一言かもしれない。
もちろんえっくんを愛して一生懸命だった自分がいたけれど・・・。
ABAのセラピストが言うことでもないかな?
セラピーするとき、極力ストレスを与えないようにしたい。
そうじゃなくてもストレスだと思う。
極力褒めれるようにしたい。
我が子のような愛情もって接したい。

生活支援(身辺自立と集団)とABAのセラピーはどちらが大切か?
私はどちらも同じように大切だと思う。
でももっと大切なのは、今のわが子のありのままをまずは受け入れ、子どものスピードに合わせて考えることだと思う。

今、えっくんの笑顔が一番だと思う自分がいる。