一番大切なのは身辺自立!

息子えっくんは現在10歳。
以前から自立に向けての指導をABCコンサルタントからセラピストさんがほぼ毎日きて指導を受けている。
小さいときから思っていたというか
重度とついたときから、これが一番と思っていた

身辺自立

今日はとてもいい本をご紹介したいと思いますが~
英語です。

STEPS TO INDEPENDENCE

41MzYqPClmL__SS500_.jpg

TA(タスクアナリシス)の技法に沿って教える身辺自立はとても
効果的であります。

えっくんもやっと最近歯を磨くことを自分でできるようになってきました。
時間かかるんですが、一歩一歩。

夏休みも後のこすとこ6日!
今年の夏休みは私にとって←そう私にとって
とてもハードでありました。

えっくんはかなりいたずらをやらかし
いろいろなものを壊しました。

今日もお皿2枚。やられました。
先日は電気のコードをはさみで3本も切り、
家にあったCDプレーヤーもカラオケプレーヤーも
みんな壊れました。

問題行動なかなかおさまるところなく
ついに我が家はすべてのドアに鍵をつけました。

私は毎日首から鍵をさげて
えっくんを追いかけまわしております。

カリフォルニア ピープル ファースト

476843410X[1]


私の手元に一冊の本があります。
「私たち遅れてるの?」
知的障がい者はつくられる
カリフォルニア ピープル ファースト編と題した一冊の本。
一昨年、自分が「えっくんと自閉症」の原稿に取りかかるために購入しておいたこの本。
いまになってページを開く。

セルフアドボケイト(自分で自分を守る)

障がいと線を引っ張ったから障がい者が作られた。

まだ読み始めて数ページ目。
全部読み終えたら改めてご紹介したいと思う。

タイムリーにもこのカリフォルニア ピープル ファーストが近くのサクラメントで6月にカンファレンスがある。
日付は6月11日から3日間。

行くことにしました。

どこまで英語が通じるかわかりませんがでももしかしたら、日本に伝えられることあるかもしれない。
そして私がいままでえっくんの療育を中心にみてきた社会福祉の見方が変わるかもしれない。

People First of California

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

本のご紹介

今日は一冊の本をご紹介したいと思います。

あきらめないで!自閉症 幼児編
著者 平岩幹男

51raf+pkMfL__SL500_AA300_.jpg

えっくんはもうすでに幼児期を終えましたが、最近自閉症と診断された親へのバイブルになると思います。
療育にあまり協力できないお父さんへのアドバイスもあります。
私も早期療育でえっくんの未来がかわったと実感している一人ですので
ぜひ一読されることをお勧めいたします。

著者 平岩先生は私が初めてママ交流会を東京で行ったときに
助っ人として来てくださいました。

また私の書いた本 えっくんと自閉症でも帯にメッセージを残してくださいました。

先生がママ交流会でお話くださった内容は自閉症と診断された幼児をもつ親御さんにはとてもわかりやすく、現在の日本ではどのようなプログラムがあり、どれが効果的であるかということを説明されて、来ていたお母さんたちはきっと、もっと先生のお話を聞きたかったことでしょう。

私もその一人でした。
日本に帰国したらぜひ先生の講演などに行きたいとおもっております。






お仕事がんばります

今日は私の尊敬する明石洋子さんの本3冊をご紹介したいと思います。

以前にもご紹介したことがあったと思いますが、改めて・・・・

ありのままの子育て

arinomama.jpg

自立への子育て

jiritu.jpg

お仕事がんばります

osigoto.jpg

まず自閉症をおもちの親御さんにはぜひこちらの3冊をお勧めいたします。
バイブルになります。

えっくんが自閉症と診断されたとき、すでに家にはパソコンがあり、インターネットが普及しているときでした。
情報も多く、人とのつながりもあり、一人ではない、がんばれる仲間がパソコンを通じてありました。

明石さんのご長男 明石徹之さんが自閉症と診断された時と、今とは違う背景があります。
徹之さんの意思を尊重されながら、徹之さんと向い会うその姿がこの3冊に書きとめられています。

一押しでお勧めです。

そして機会があれば、明石洋子さんと徹之さんの講演などもご覧になられることもお勧めします。

初めて明石さんとお会いしたのは2009年のようこそ自閉症ワールドです。
そこにはやさしい目をした、強い母の姿がありました。

明石さんと






テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

ついに出ます!!!待ちに待ったこれ!

ついに出版がきまりました。
佐藤エリコさん

私の同業者!

おめでとう。待ってました。
がんばりました。

4月出版です。よろしくお願いいたします。

書店でも出版社 書合同出版 でも予約可能だそうです。

1697581135_90.jpg

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア