感謝の気持ち

児童発達支援を運営していて思うことがある。
簡単に立ち上げたわけではない。
深い思いがあってのこと。

ただ療育だけを考えて立ち上げたわけでもない。

そしてつくづく思う。

先輩の保護者の方々が、世の中にまだまだ理解されていない時代から一生懸命たくさんの人に理解をしてもらおうと働きかけてくださったからこそ今につながっているのだと。

だから今このように療育機関がたくさんできたことは当たり前ではない。

私の息子が2歳半で自閉症と診断されたときは療育を受けられる場は少なく、数は限られていた。
それでも通う場所を見つけ、一生懸命だった自分がいる。

そのときの先生はいまでも忘れない。
感謝しかない。

言葉のないえっくんに一生懸命関わってくれただけでも涙がでるくらいうれしかった。
ありがたかった。

あのころから比べると時代はかわり、療育者がいるのが当たり前のようになってる。

最近思う。
当たり前なんてないんじゃないの?

その人その人の努力やら深い気持ちがあってたどり着いてるんじゃないの?

そんなことを思う先週でした。

いろいろ

父が亡くなってから、やらなければならないことがいっぱいありすぎるのに、何も前に進んでない。
まとまった時間がほしい。

母の体調がイマイチでこの前まで癲癇で悩んでたと思ったら、もうすっかり歩けなくなってしまった。
支えて一歩ずつ足を前に出すことしかできない。
なのに立ち上がろうとして倒れる。

これでは私は1分も目が離せない。

デイサービスをお願いしたが、それでも不安がいっぱい。

この生活、いつまでもは続かないのはわかっているけれど
自分の身が持たない。

どうしたらいいんだろうかなあ。

ラブ♡

今から8年くらい前かな?

離婚裁判中だった私。

カリフォルニアにいてJさんというご家庭にお世話になっていた時のこと。

ちょうどその日は母の日だった。

Jさんの旦那さんがいつもより早く帰宅!

「いくぞ」と一言息子さんに声をかける。

息子さんも「おー」と言って家を出た。

数分後、大きな花束を抱えてJさんの旦那さんと息子さんが家に戻ってきた。

Jさんはびっくりしたと同時にすごく喜んで涙がでた。

毎年そうしているんだろうとは思ったけれど、それでも涙が出るくらい喜んでるJさんがいた。

いいな、この家族。

家族みんなが家族のことを何よりも一番に大切に思ってるからこそなんだ!

そう思った。

素敵だった。

深い愛情を感じた。

いつか、いつか私もそうされる日くるかな?

いつか、きっと来るよね。

Jさんに語った。「来るに決まってるじゃん」そう言ってくれた。

いつか来るといいなぁ~。

今もそう思っている。

母の日

今日は母の日

母は父が亡くなって以来なおさら、身体の調子が良くない。
以前からひどいめまいもちである。
気を失って倒れることもしばしば。

朝、起きると「おはよう」手を握り
夜、寝るとき「おやすみ」手を握る。

仕事に行くときは大きく手をふって「いってらっしゃい」と言ってくれる。

91歳の母 

高齢者癲癇と先日診断され、薬を飲み始めた。
それでもあまり目が離せない。

母は今日私にペコリと頭を下げて、
いつもご苦労様と言った。

もう何年続いただろう?20年以上かな?
母の日には必ずお花をプレゼントしてきた。
「いいのに」という言葉と裏腹に笑顔いっぱいになるから
やめられない。

mother.jpg

あと何回プレゼントできるかな?

HAPPY MOTHERS DAY

感謝

息子えっくん。

中学の時からお世話になっていた施設を退所し、現在川崎の施設に入所して暮らしています。

毎日会える!なんて思っていたけれどやめました。

彼、18歳です。

18歳の青年が毎日お母さんと会いたいでしょうか?

当然ながら嫌でしょう。

だから母も強くなるときが来たのだ!と心を鬼にしました。

と言っても、週に一度は会いに行くかな。

これからは18歳の息子なのだから、ベタベタするのをやめ、会話を楽しむことにしました。

さみしいけれど、息子のためにはそうしなければならないのだと決めました。

大人の階段上がるのですから。

今までお世話になった児童施設には感謝の気持ちでいっぱいです。

お友達のみんな、職員さんのみなさんが全員駐車場まで出て手を降ってくれました。

そしてこれからお世話になる方々にも本当に感謝しかないです。

親としてできないことだらけだけれど、たくさんの手を借りて、これからも生きて行こうと思います。